企業行動憲章

企業行動憲章制定にあたって

ユシログループの企業理念は「共々の道」であり、グループを取り巻く全てのステークホルダーから信頼され、永続的な発展を目指して企業活動を行ってまいりました。企業活動は、そこで働く社員ひとりひとりの行動の積み重ねであることは言うまでもありませんが、この「共々の道」を実現し、全てのステークホルダーから好意を持って受け入れられるためには社員全員が法令を遵守することはもとより、社内規定を守り、社会倫理に則った行動をとること、すなわち「コンプライアンス」の徹底が必要不可欠です。

ユシログループは、これまでも社内規定の整備や各種社内研修により、良き企業人としての行動を実践してまいりましたが、このたび、コンプライアンスに関する体制を体系的に整備するとともに、社員ひとりひとりが特に留意すべき事項を「ユシログループ企業行動憲章」としてまとめました。この憲章には、ユシログループ全ての社員が取り組むべき指針を記載しています。

社員全員がこの企業行動憲章にもとづき、全てのステークホルダーからのより大きな信頼を得られる企業活動を行なってまいります。

2008年3月25日

ユシログループ企業行動憲章

  1. お客様の満足

    お客様の役に立つ製品、サービスを安全や環境に配慮して開発し提供することでお客様の満足(CS)を獲得します。

  2. 公正な企業活動

    公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。また政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。

  3. 情報開示

    株主はもとより全てのステークホルダーに対し適時適正に企業情報を発信し、コミュニケーションを行います。また開示情報の信頼性を保証するため内部統制が有効に機能する体制を整備し、運用します。

  4. 従業員の尊重

    従業員の人間性を尊重するとともに、安全でいきいきと働ける環境を確保しゆとりと豊かさを実現します。

  5. 環境保全への貢献

    環境問題への取り組みは企業の存在と活動に必須の条件であることを認識し、積極的に行動します。

  6. 社会貢献活動

    会社は地域社会の一員であることを自覚し「良き企業市民」として広く社会貢献に努めます。

  7. 反社会勢力との関係遮断

    社会秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力および団体に対して、経済的な利益を供与しません。

  8. グローバル経営

    国際的な事業活動においては、国際ルールや現地の法律遵守はもとより、現地の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献する活動を行ないます。

  9. 役員・幹部社員の責務

    役員および幹部社員は、本憲章の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、社内に徹底するとともに、万一本憲章に反するような事態が発生したときは原因究明、情報開示にあたり、自らを含めて責任を明確にして、再発防止を徹底します。

制定2008年3月25日

行動指針

企業理念と企業行動憲章を具体化し従業員が守るべき行動の指針として、
「ユシログループビジネス・コンダクト・ガイドライン」を定めています。

  1. Ⅰ お客様の満足
  2. Ⅱ 職場環境とルール
  3. Ⅲ 会社資産の保護
  4. Ⅳ 公正な事業活動
  5. Ⅴ 正確な記録・処理
  6. Ⅵ 地球環境保全
  7. Ⅶ 社会貢献
  8. Ⅷ 法令等の遵守
  9. Ⅸ 通報・相談

ユシログループ
ビジネス・コンダクト・ガイドライン
-ユシログループ企業行動指針-
(PDF:2,006k)

上へ戻る