沿革

昭和19年7月
設立。当社の設立は、創業者森本貫一が昭和19年7月企業合同により油脂蝋(ユシロ)の精製加工を目的として社名をユシロ化学工業株式会社と称し本社ならびに工場を大阪市城東区に設け、金属加工油剤の生産を開始。
昭和20年4月
本社・工場を三重県名賀郡青山町に疎開
昭和23年10月
東京支店・東京工場を開設
昭和29年11月
切削油技術研究会発足
昭和31年12月
名古屋支店を開設
昭和35年7月
東京研究所を開設
昭和37年1月
本社・本社工場を大阪府枚方市に移転し操業開始
昭和39年6月
本社工場切削油JIS表示工場の許可を受く
昭和40年7月
神奈川工場を開設東京工場を閉鎖
昭和41年7月
神奈川工場切削油JIS表示工場の許可を受く(許可番号366064号)
昭和43年1月
東京研究所を閉鎖神奈川工場敷地内に技術研究所を開設
昭和48年11月
Yushiro do Brasil Industria Quimica Ltda.(ブラジル)を設立(連結子会社)
昭和52年6月
企業合同によりユシロ運送株式会社が発足(連結子会社)
昭和53年3月
三宜油化股份有限公司(台湾)を設立し合弁事業開始
昭和55年6月
兵庫工場を開設 本社工場を閉鎖
昭和55年8月
本社機構を東京都大田区へ移転 大阪支店新社屋竣工
昭和55年12月
兵庫工場切削油JIS表示工場の許可を受く(許可番号564054号)
昭和56年10月
香港三亜洋行有限公司へ資本参加
昭和57年1月
日本整油株式会社へ資本参加し子会社とする(連結子会社)
昭和57年12月
汎宇化学工業株式会社(韓国)へ資本参加し合弁事業開始
昭和60年10月
本店(登記上の所在地)を東京都大田区へ移転
昭和60年12月
東京証券取引所市場第2部へ株式上場
昭和61年11月
合弁会社Yuma Industries Incorporated(米国)を設立(連結子会社)
上へ戻る